YNSA®

世界中の医師たちが難病治療に取り入れている注目の治療法!YNSA® ~山元式新頭針療法~

日本発!服を着たまま、座ったまま頭に施術。
頭の治療だけで痛み・慢性疾患を改善していく治療法です。

YNSA®とは、山元式新頭鍼療法の略称です

医師「山元敏勝」先生

宮崎県の医師「山元敏勝」先生によって考案されたこの技術は、残念なことに日本ではあまり知られていませんが、世界ではすでに数千人の医師が実践する非常に有名な治療法です。

脳梗塞・脳出血・麻痺等の中枢性疾患・腰痛・肩こり・膝の痛み・しびれ・めまい・耳鳴りなどの様々な疾患に非常に有効なことが、世界中で認められています。

YNSA®の優れた効果は世界中で認められています。
ドイツでは、整形外科を始めとして麻酔科、内科など多様な診療科の医師が実践し、ブラジルでは山元先生の名前を冠した病院がブラジル政府の国費によって建てられています。

YNSA®は、頭に(正確には頭皮に)鍼をさすことで治療します。
頭皮鍼は中国では複数の流派がありますが、それぞれ反射区が違っており、また手技の修得も難しい事からあまり一般的ではなく、効果も治療者の技術によって差があります。
YNSA®は、Made In Japanの鍼灸治療法として一貫した理論と実績があります。頭鍼と名がついているように頭に鍼をしますが0.25mmの非常に微細な鍼を使うため、痛みは、ほとんどありません。

YNSA®と鍼灸治療の違い

YNSA®は、経絡や経穴を使った治療ではありません。
YNSA®の基本の治療では頭部にあるA~Iまでの9つの基本点を使用します。YNSA®の特徴はその独自の反射区と診断方法に有ります。

山元先生と先人の先生方が、発見されたこの頭部の新しいツボ(反射区)は全身の疾患に対応しており、麻痺などの肢体不自由だけでなく、がん性疼痛や整形外科的な肩こり・首・腰・膝などのあらゆる痛み・目・鼻・口などの各器官の様々な感覚異常、痛み・しびれ・耳鳴りに対応しており、様々な症状を改善できる可能性が有ります。

なかでも難治性とされるパーキンソン病・片麻痺・痛み・耳鳴り・めまい・どこにいっても治らない腰痛などに優れた効果があります。

YNSA®にはどんな効果が?

痛み、痺れ、難聴、疲労、内臓疾患、関節の問題、慢性・急性症状などの色々な疾患に効果があると世界で認められていますが、特に[ 痛み ]と[ 脳(中枢) ]の問題に対しての評価は高いです。また自律神経に与える影響は大きいと言われ、数々の症状の改善に効果を上げています。


一度の施術で改善される患者様も多いですが、慢性症状の方は薄皮を剥ぐように徐々に変化が現れる事が多いです。
ただYNSA®は魔法の道具ではありませんし、病気になる前に戻せる便利な機械でもありません。効果を感じにくい方もおられます。
しかし、脳梗塞後遺症などの患者様では鍼を刺したまま、障害部位の運動をしてもらうと通常のリハビリよりも関節の可動域が大きくなったり、色々な検査を受けたが原因不明と言われた痛みが改善した等、他の治療法では難しい症状にも多くの成果を上げています。
即効性があり、難治性疾患に対して高い効果を持つYNSA®をつらい症状にお悩みの方々にぜひ体験していただきたいです。

「YNSA®」の治療事例

全ての痛み、頭痛・腰痛・肩こり・スポーツ、
交通事故による捻挫・打撲などによる痛みに対しては、
80%以上の効果が期待されます。

腰痛に悩む方の場合

<事例1>

施術前、前屈してもらたところ、(写真[1])のような状態であった。(写真[2])のように頭鍼療法を行う。施術後(写真[3])、前屈してもらう。施術前(写真[1])よりも前に倒しやすくなっている。

<事例2>

施術前、右腕を挙げてもらったところ、(写真[4])のような状態であった。(写真[5])のように頭鍼療法を行う。施術後(写真[6])、再度右腕を挙げて頂く。施術前(写真[4])よりも挙げやすくなっている。

麻 痺

山元式頭鍼治療法の一つの特徴で、中枢性又は末梢性麻痺の治療・脳出血・脳梗塞・術後の麻痺・交通事故、スポーツによる麻痺等に極めて有効であり、ドイツのボン大学整形外科で行った研究では、93%の効果があった。

スポーツ障害

スポーツや外傷による捻挫、打撲、腱鞘炎、骨折、後遺症等で現れる全ての痛み、又は腫脹に対して効果があった。

半身不随・片麻酔

脳出血、脳梗塞、脳腫瘍術後等にておきる半身不随の運動麻痺に有効で、早期に治療することによりその効果が大である。

耳鳴り・不眠・自律神経失調症

現代医学では、耳鳴りは極めて難しい治療の一つであるが、YNSA®は極めて有効な治療法である。

YNSA®治療、たくさんの方に好評を頂いております。